道南真昆布 真帆屋

北前船と昆布ロード

「昆布ロード」は、北海道から日本各地に昆
布を運んだ道筋のことで、室町時代には松前
などから昆布を積んだ船が日本海の港を南下
し、敦賀や小浜に昆布の荷を降ろしました。
それから近江商人の手で陸上を京都・大坂へ
運ばれましたが、江戸時代においては海上交
通が盛んになり、西回りの航路が確立され、
「北前船」が瀬戸内海経由で大坂に到着しま
した。

それにより大坂において昆布の食
文化が発達しました。
その後もなおも西に延びて遠くは
沖縄、中国まで行ったとされてい
ます。

「真帆屋」の思い

「佃煮昆布」...

いい昆布を使ってもっちりとした歯ごたえを味わってもらう。
今主流となっている化学調味料を使わず、
 本来の自然な味付けで昆布の「うま味」を生かす
とは言え昔ながらの塩辛い佃煮ではなく、現代人の健康も考えたほど良い塩味に

「真帆屋」の佃煮とは

「真帆屋」の佃煮昆布は、吟味した上質の「北海道道南産真昆布」を素材に、化学調味料
を使わず醤油にこだわり、独自の「二段階煮熟製法」でじっくり煮込んだ「匠の
佃煮」です。

照りのある食欲をそそる見た目と、昆布のうま味が生きている自然なおいしさ、大判・厚
葉のもっちりとした歯ごたえが特徴です。

山と海が育てる昆布

昆布は海の中で育つものですが、その生育には陸地・海中
の岩盤の種類、砂浜か砂利浜か、山の養分などが影響する
と言われています。
山の養分はそこに端を発する川によって、海に流れ込みま
す。いい昆布を作るために山に広葉樹を植林すると言いま
す。たとえば、右の地図にある道南の「白口浜」にもいく
つもの川が流れ込んでおり、また陸地の岩盤の種類も違い
ます。それにより、「白口浜」の中の各浜で採れる「真昆
布」の品質も微妙に違ってきています。
もちろん海流の影響も受け、寒流には「りん」が多く、そ
こには昆布が育ち、「りん」の少ない「暖流」が流れると
ころでは昆布が育たないと言われています。