味富士のこだわり

素材・味へのこだわり

道南産真昆布の旨味

「真昆布」は、くせのない上品な甘味をもつ
清澄なだしがとれ、噛めば噛むほど甘みが
でてくる昆布です。
関西ではよく使われている昆布で、
佃煮などの加工品にも極めて
すぐれています。

神戸味富士は美味しい佃煮づくりのために
北海道道南地区で採取された中でも、
上質な真昆布を 選りすぐり、潮の香りもゆかしい瀬戸内産のちりめん、
丹波・但馬地方の山椒の実と一緒にじっくりと炊きあげる
ことで味富士自信の「ちりめん山椒こんぶ」が生まれます。

昆布の旨味を、あますところなく味わっていただけるこだわりの逸品を、
ぜひお楽しみ下さいませ。

真昆布を使った味富士おすすめ商品

ちりめん山椒こんぶ 商品ページへ

国産山ふきの歯ざわり

草木が芽吹き、山菜が豊富な春、
各地で山菜取りに精を出す姿が見られ
旬が食膳に供せられます。
春の山菜の中でも、ふきは早春の
野菜欠乏期に旬とりなり、古来より
愛用されているものの一つです。
特にふきの中でも山ぶきは
皮がやわらかいので、よくそのまま佃煮にされます。

味富士の「姫ふき山椒」は国産の山ぶきと山椒の実を
風味よく炊き上げています。
手摘みしたふきの、ちょうど良い太さの真ん中の部分だけを使用しています
ので、シャキッとした歯ざわりが特徴です。

国産山ふきを使った味富士おすすめ商品

姫ふき山椒 商品ページへ

大粒の丹波産黒豆

お正月料理には欠かせない黒豆。その中でも、
日本一と謳われる丹波黒豆は、
兵庫県丹波一帯で作られています。
標高五百~六百メートルの盆地である
この土地は昼夜の気温差が激しく、
秋になると一面深い霧におおわれます。
この丹波特有の気候が黒豆の生長を促進、
または抑制させ、この微妙な調整が、
養分を無駄なく粒に集中・凝縮させるのです

稲作の4倍の手間がかかるにもかかわらず、普通の大豆の2割そこそこしか
収穫する事が出来ない黒豆。
あの美しい黒の大粒は、この丹波の自然に加え、
この土地の人々の情熱と誇りの結晶でもあるのです。
味富士は、丹波の自然と人とが丹精こめて作り上げた最高級の極大粒黒豆を、
余分な味を抑え、風味の奥深さを引き出し、じっくりと艶やかに炊き上げました。

丹波産黒豆を使った味富士おすすめ商品

丹波産黒豆 商品ページへ

安心へのこだわり

安心して召し上がっていただくには
					「正しい材料」から

放射性物質検査

平成23年5月より放射性物質検査を
自社で行なっています。
同年11月より精度の高いゲルマニウム
半導体検出器を導入し、より迅速に
精密な分析を行なえる体制にしました。

放射性物質検査
遺伝子組み替え検査

遺伝子組み替え検査

PCRシステムを導入し、遺伝子組み換えの
有無を確認しております。
検査機関の証明に加えて、社内でも
遺伝子組み換え検査をシステム化して
ダブルチェックで万全を期しています。

残留農薬検査

安全を期すために使用原材料の残留農薬の
自主検査を続けています。
300種類の残留農薬を測定、安全なものだけを指定して使用します

残留農薬検査